HOPE建築工房

住みやすく使いやすい家にするためには?間取りを決める際の注意点もご紹介します!

お問い合わせはこちら

住みやすく使いやすい家にするためには?間取りを決める際の注意点もご紹介します!

住みやすく使いやすい家にするためには?間取りを決める際の注意点もご紹介します!

2023/09/07

長野市で新築やリフォームの注文住宅で電気を買わない家造りを御提供できる工務店です。これからの家造りはエネルギー自給率100%を目指すことが大事で、太陽光発電と蓄電池、EV車を使い電気を買わない家造りが主流になります。更に太陽光を冬は取り込み、夏は遮るパッシブ設計が必要です。60年長期保証はもちろん可能ですし、残価設定型住宅ローンも可能になっていきます。

資料は無料でお送りします。    資料請求はこちら

 

 

これから長く住む家だからこそできるだけ使いやすく住みやすい家にして快適に暮らしたいものです。

 

しかし、使いやすく住みやすい家にしたいと口では簡単には言えるものの、実際どのようにつくれば良いのかパッと思い浮かべるのは難しいですよね。

そこで今回は使いやすく住みやすい家のつくり方や最高の間取りを手に入れる方法をご紹介します。

 

□使いやすく住みやすい家のつくり方

 

まず第一に、家事動線を考えましょう。

炊事や洗濯、掃除などの家事を効率良くこなせる動線にすることで、家事の負担を軽減できます。

例えば、玄関から冷蔵庫までの距離を短くすることで重たい食材類を運ぶ負担を軽減できたり、洗濯機とベランダが近い間取りにすることで洗濯物を干す作業を楽に行えたりします。

 

一連の家事の流れをシミュレーションして、複数の作業がスムーズに行える効率の良い家事動線を考えるのがポイントです。

 

第二に、使いやすい収納を設けましょう。

使いやすい収納がしっかりとつくれていれば、整理整頓が行き届いた住みやすい家を実現できます。

お掃除や片付けの手間が減ることはもちろん、生活感もなくなりおしゃれに見えることも大きな魅力ですね。

 

第三に、ライフスタイルの変化を考慮しましょう。

今の時代は環境保護の観点から1つの家で長く暮らすことが求められており、マイホームは長期スパンで考えることが重要になってきています。

例えば子ども部屋は20年後お子様が就職して巣立った後の用途も含めて考えておくと無駄がない家になります。

お子様の成長や巣立ち、老後の生活なども見据えて対応できるように家づくりを進めましょう。

 

今後は残価設定型住宅ローンを使えるようになっていきます。

子育てが終わり大きな家が不要になれば、そこを賃貸として子育て世代に貸すか、売って自分たちは別の場所に平屋を建てることも可能になります。

長期優良住宅を建て、維持管理をして家を良い状態で残し、次の世代に引き渡し使ってもらう100年住宅時代が来ます。

使い捨てで壊すことは気球環境に負担を掛け、CO2の排出用を増やすことになります。

未来に子供たちの温暖化を止めた地球を残すために皆が実践する時期になっています。

 

□最高の間取りはどのように手に入れられる?

 

*自分の生活スタイルに合う間取りにする

 

人気な間取りに目を引かれる気持ちも分かりますが、「人気だから」という理由で取り入れるのは後悔につながる可能性があります。

それぞれの家族に適した間取りは、家族の人数や生活スタイルによって異なるからです。

間取りはメリットだけでなく、デメリットも理解した上で取り入れるかどうかを検討することが大切です。

 

*間取りの失敗事例を知る

 

今まで家づくりを経験したことがある方の間取りの失敗事例を知り、自分の理想のマイホームに生かすのも1つの手です。

 

せっかくマイホームを建てるなら、失敗や後悔は極力避けたいですよね。

失敗や後悔を避けるためにも、ぜひ一度当社にご相談ください。

当社はお客様の希望をカタチにして最高の間取りを一緒に考えていきます。

 

□まとめ

 

使いやすく住みやすい家は家事の負担を軽減し快適な生活を実現します。

そのためには、家事動線や収納の工夫、ライフスタイルの変化に合わせてつくることを意識しましょう。

 

また、人気の間取りは必ずしも全ての家族にとって暮らしやすいとは限りません。

失敗事例も参考にご家族のライフスタイルと理想の間取りを照らし合わせながら間取りを考えてみてくださいね。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。