HOPE建築工房

性能

お問い合わせはこちら

Smart 2030零和の家®-性能

パッシブデザイン

自然の恵みを活用して、心地よい室内空間をデザイン

夏の直射日光は軒の庇が遮り、冬の暖かい日差しは2層のFIX窓を通って建物の奥まで入ります。左右の袖壁は暴風を防いで家を守るとともに、隣地からの視線を遮って覗かれないように工夫されています。気温が最も高くなる大暑の時期の入射角70度の太陽の日差しは外付けブラインドで遮ります。

夏 日射遮蔽で涼しく

夏の太陽光を軒やひさしで遮り涼しくします

 

冬 日射取得で暖かく

冬の太陽光を室内に取り込み部屋をポカポカにします

窓(開口部)

熱の出入り口である窓は断熱性能に大きな影響を与える

夏の暑さは窓から侵入して、冬の温めた暖気は窓や換気口から逃げていきます。家の断熱性能を高めるうえで重要なことは、窓を“透明な壁”ととらえ、開口部であるガラス部分から流出する空気をシャットアウトすることです。そのためには、高性能なトリプル樹脂サッシを採用するなど、窓(開口部)にも十分な断熱・気密性能を持たせることが、必要不可欠です。

夏 冷房時(昼)に熱が流入する割合

冬 暖房時に熱が流出する割合

気圧調整式第一種全熱交換気システムエクリア(AIR CREAR)

気圧調整式第一種全熱交換気システム「エクリア」

気圧調整式第一種全熱交換気システム「エクリア(AIR CREAR)」は、大きな虫やゴミを遠心力で弾き飛ばす「サイクロン式給気フード」と、花粉や黄砂、PM2.5などの微細な汚れを約97%除去する「給気清浄フィルター」、家全体を「正圧」にするという三段階のブロックで、有害物質の住宅への侵入を防ぎます。家中の外気の温湿度を計測し、住宅内を理想の温湿度に自動で制御するIAQ(インドア・エア・クオリティ)機能が住宅内の温湿度を一定に保ちヒートショックのないきれいな空気環境を実現します。

夏の直射日光を軒や庇が遮り、加湿式エアコンがサーキュレーション気流によって涼しさを家じゅうに届けます。まるで基礎の中に冷たい水まくらを敷き詰めたかのような涼しさを体感できます。

 

2層のFIX窓から入射する暖かな日差しを家の奥まで取得。暖房時の暖気は、通常だと上昇して天井にこもりますが、垂直気流で真下に降下させ、RA(室内吸込み口)から換気ユニットで熱交換されて足元から暖めて省エネな「まるで床暖®」を実現しています。また、この際のエアコンの暖気は、外気中の水分を取り込み加湿されているので、冬場の乾燥を抑えてくれます。

IAQ制御搭載の熱交換気システムが四季にあわせて快適な空気環境を創ります。

日本には四季があり外気の温度・湿度が変化しますが、PanasonicのIAQ(インドア・エア・クオリティ)制御により、家中の給気・排気量と熱交換気、普通交換という湿度調整を自動で行います。

それにより1年中一定の室温に保て、快適な空間をもたらします。

気圧調整

家中の気圧を高めた健康な暮らし

気圧の変動で健康が損なわれる気圧病。特に昨今は異常気象による低気圧が原因で頭痛や血圧障害が発生しているといいます。これらは室内の気圧も影響しており、気圧調整式第一種全熱交換機システムによって「正圧」という室内の空気の圧力が室外より高い状態を保つこと(室内を空気いっぱいにすること)で和らげることができます。 換気性能とウイルスの除去も考慮した家づくりが大切です。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。