HOPE建築工房

今朝の寒さから室内の温度を測りました。

お問い合わせはこちら

今朝の寒さから室内サッシ表面温度を測りました。

今朝の寒さから室内サッシ表面温度を測りました。

2023/01/12

今朝は寒い朝で起きるのが辛い日々が続いていますね。

私の家は24年目で断熱性能は良くない家です。

今朝は外気は-6度でしたが室内はどうだったか?測定してみました。

当時は断熱性能を良くする動きは鈍く自分もそれでいいと思っていました。

高断熱高気密住宅が始まりだしたころでしたが、高気密の造りに疑問があり真似することは避けましたが、

今思えば断熱性能は真似すれば良かったです。

今朝の家内部の窓の温度を測りました。

2重サッシの内側のLOW-E硝子表面温度です

エコポイント制度で後付け2重サッシを付けました。

同じく樹脂枠部分です

樹脂枠の方が温度が低いので性能が悪いという事です

新築当時の断熱サッシ テルモア です

普通の2重硝子の表面温度ですがマイナスです!!

同じくアルミ枠表面温度です

アルミなのでさらに低いです!!!

100mmのグラスウール断熱材が入った壁です

当時の家はほとんどが同じ断熱材でしょう! 密度は10kg/㎥です

今は40Kg/㎥までありますが、もっといろんな性能が良い断熱材があります。

階段の途中の温度です。測った窓も同じ面に付いています。

後付け2重サッシのLOW-E硝子面の温度と同じくらいです。

1度高いですね!

まとめとして、窓を改修するだけでかなりの熱損失が減ります。

今年は、国土交通省と経済産業省と、環境省が合体で省エネ改修に補助金を出すという年で

補助金額も値上がりしています。

床下、壁、天井裏の改修にも補助金が県からでます。窓も県から出ます。

2階を使わないから1階だけ断熱改修するという方が増えてきていますから、

皆さんもお考えになる機会ではないでしょうか。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。