HOPE建築工房

注文住宅の間取りで後悔したこととは?後悔しない注文住宅を建てるためには!

お問い合わせはこちら

注文住宅の間取りで後悔したこととは?後悔しない注文住宅を建てるためには!

注文住宅の間取りで後悔したこととは?後悔しない注文住宅を建てるためには!

2023/01/20

注文住宅で失敗したくない方は多いでしょう。

しかし、どこに気をつければいいかわからない方も多くいらっしゃいます。
そこで今回は、注文住宅の失敗例と、後悔しないためのポイントをご紹介します。

 

□注文住宅の間取りで後悔したことは?

1つ目は、収納が足りないことです。
ものをなかなか捨てられない方は、収納は多めに確保しましょう。
収納家具で補うこともできますが、部屋が狭くなり、生活しづらく感じる場合があります。

2つ目は、収納をロフトにしたことです。
ロフトは収納スペースとしてとても使いやすいですが、階段の昇り降りが必要なので、大きな荷物をロフトに収納するのは労力が必要です。

3つ目は、子供部屋が足りないことです。
家を建てた後に子どもができ、子ども部屋が足りなくなることも多いです。
そのため、今必要な部屋を確保するだけでなく、将来の家族設計を考えて部屋の間取りを決めましょう。

 

□後悔しない注文住宅を建てるために!

後悔しない注文住宅を建てるためには、5つのポイントが大切です。

1つ目は、将来の人生設計まで見据えた間取りにすることです。
間取りを考える際には、今の生活だけでなく、将来の生活もイメージして決めましょう。
例えば、子どもが増えれば、その分部屋も必要で、年をとればバリアフリーへの対策も必要です。

2つ目は、余裕を持った資金計画を立てることです。
ローン返済が生活費を圧迫しないように、余裕を持った資金計画を立てるようにしましょう。

3つ目は、オプションを慎重に考えることです。
便利なものや品質の良いものなどは魅力的に見えるので、いろいろなオプションを取り入れたくなりますが、結果、使わなくなることがあります。
オプションを取り入れる際は、生活スタイルを見つめ直し、本当に必要なものに優先順位をつけて考えてみると良いでしょう。

4つ目は、自分にぴったりのハウスメーカーを選ぶことです。
ハウスメーカーはそれぞれ得意分野や費用が異なるため、こだわりをしっかりと聞いてくれるハウスメーカーを選ぶことが大切です。

5つ目は、設計プランの打ち合わせに時間をかけることです。
ハウスメーカーを選んだあとの打ち合わせにもじっくりと時間をかけることで、後悔しない注文住宅に近づきます。
自分が納得するまで設計プランを話し合うことで、自分の要望に沿った注文住宅を建てられます。

 

□まとめ

今回は、間取りの失敗例と後悔しないためのポイントについてご紹介しました。
当社は、お客様のストーリーを大切にした家づくりを行っています。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ一度当社にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。