HOPE建築工房

熟練の施工会社として長野市を拠点に注文住宅を承りアフターフォローにもしっかり配慮

お問い合わせはこちら

長野市の注文住宅・HOPE建築工房の口コミ情報

周囲にとって何が必要かという問いを大事にしています

長野市の注文住宅・HOPE建築工房の口コミ情報

家族の一員である「ペット」の生活にも配慮した家づくりを推進しています。スタッフは同じ犬種でも年齢や性格が全く異なる2匹を育てる経験をする中で、「犬の個性に合った住宅の重要性」を感じ、ドッグトレーナーと二人三脚の連携をとりながら、ペットに関するお悩みを抱えたお客様の相談にも乗っています。
「売上高は役立ち高」というスローガンを業務の指針とし、常に周囲にとって何が必要かという問いにアンテナを張りながら、思いやりに満ちた「希望の住宅」をお客様にご提供するべく、今後も精進してまいります。


介護関連のリフォーム・リノベーションにも力を入れています

過去の自身の家族の介護経験がきっかけで、「日常生活に不自由さを感じている方を、より実践的な視点で助けたい」と考えるようになり、現在は介護関連のリフォームにも力を入れています。介護やリハビリを経験したことで、経験してみないと気付けない「障がいがある方にとって本当に必要な物」が分かるようになり、介護リフォームについては文字通り「お客様目線」で設計を考えています。
例えば電気のスイッチ・コンセントは、健常者の場合はスイッチは立った時の目線の位置、コンセントは足元にあるのが普通ですが、車椅子利用者の方にとっては、両方とも車いすの目線の高さに設置してある方が使いやすくなります。今後は住宅改修のための補助金が出る制度なども取り入れながら、金銭面・生活面の双方の負担を軽くできるような、お客様の立場に立った気配りの行き届いた提案を心掛けてまいります。

独創的な発想を利かせてお客様にお喜びいただける手法を考案

売上高は「役立ち高」と考え、目の前の人を想い気遣う姿勢を、仕事上の信条としています。そうしたサービス姿勢の一環として、お客様の住宅を建築する際も「家族のストーリー」を感じさせるオリジナルモチーフをご提案しています。例えば、家族全員のイニシャルが「S.Y」だったお客様の住宅には、外壁にそのイニシャルを模したオブジェをデコレーションしてみたり、台風19号による水害に遭ったご夫婦の家を建て直した際には、ご夫婦の名前をモチーフにしたオリジナルの扉をプレゼントしてみたり、お孫様が生まれたお宅には、壁に石を埋め込んでお孫様の名前を表現してみたりと、独創的な発想を利かせて対応しています。
そうした心遣いがお客様の笑顔に通じたときは、喜びもひとしおです。目の前の人にとって何が必要か、何をすれば役に立てるか、何をすれば喜んでもらえるかを、真摯に考え続けることが大切であると考えています。

家族の一員であるペットとの生活にも配慮した家づくりに注力

住みよい住宅のあり方を追求する中、「ペットとも快適な生活を共有できる生活空間」をご提案しています。人にもそれぞれ性格・個性があるように、当然ワンちゃんにも各々性格・個性がありますので、ペットの専門家に相談しながら、ワンちゃんの生活にも配慮した住まいをご提案いたします。少子化・高齢化の影響もあり国内でもコンパニオンアニマルの存在の意義が高まってきていることは周知の事実で、ペットの飼育環境の改善が進む中、ペット共生型住宅も増加傾向にあります。
ペットの存在意義は時代背景と共に変化しており、「現時点の国内では子どもがいる家庭よりも、ペットがいる家庭のほうが多い」という統計結果も報告されている通り、現在は「ペットブーム」という枠を超えて、ペットは飼う対象から家族の一員・生活のパートナーというあり方に変わってきている、といえます。そうした時代のニーズにもしっかり対応してまいります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。