BLOG

HOPE建築工房は夢ハウスパートナーです。

無垢材を使用した新築・リフォームを行う「夢ハウス」。全国400社あり、年間3000棟の施工を行うなど、豊富な実績を持ちます。天然無垢材に囲まれた豊かな暮らしをお客様に日々ご提供しております。

2017年の12月に (株)夢ハウス を知り、年が明けた1月に新潟県新発田市にある展示場や工場の見学に行きました。そこには目を丸くするような豪華な純天然木材を使用したモデルハウスが、何棟も建っていました。

無垢の⽊材というと、乾燥すると⼩さくなるため床鳴りがするとか、隙間があちこちにできるとといった不具合の声が多く、合板や集成材に頼る造りに変わってしまいました。

しかし、夢ハウスでは特許取得の⽊材乾燥機で含水率を10%以下に乾燥させ、木材の狂いを出しつくしています。自社工場で製材して製品化するシステムを採用。

化学物質が発生しない室内環境と⾼気密・断熱・遮熱性能を持ち、柱間にパネルを使っているので耐震性に優れているのも特長です。床下の換気や壁体内通気を重視することで耐久性もよく、安心して末永く住むことができる家造りを完成することができます。

さらに、⻑い間⾃然に耐えてきた⽊材の持つエネルギーが住む⼈に安らかな⼼地よさを与え、⾃分の家でくつろぐ本当の意味を教えてくれる家造りだと感じています。

皆様にこの感動を伝え、⼀緒に「夢と希望が合体した!」と感動できる家造りを⽬指したいと思っております。

夢ハウスパートナーの公式サイトはこちらです。

比べてください有機質と無機質

同じカメラで撮影しても写真の発色がこれほど違って見えます。家全体が持つエネルギーの違いではないでしょうか。










夢ハウスものづくり4つのテーマ

夢ハウスが家づくりで大事にしている4つのテーマは、「健康」「省エネ」「耐震」「耐久」の4つです。







空間体積1.5倍

夢ハウスでは、屋根下(⼩屋裏)のスペースを有効に使うため屋根の構造は登梁を採⽤しています。
従来、登梁を加⼯するためには原⼨を広い場所に描き、採⼨して加⼯材に墨付けして加⼯します。
夢ハウスでは、登梁専⽤のプレカット機があり、コンピューターで⼊⼒して柱や⼀般の梁と同じように加⼯します。
スピーディーかつ正確な加⼯が可能なので、性能アップとコストダウンにつながります。
そして空間体積も1.5倍に換算してデザインを考えることができるのです。
空間体積が1.5倍になっても断熱・遮熱性能が⾼いので、冷暖房費がそれほど増えることはありません。


普通の造り


登梁を使うことで⼩屋裏が使える


空間体積1.5倍

信頼と安心の施工方法

製材

伐採された原⽊は製材・⾃然乾燥されます。⽔分が少し抜けてから乾燥機に⼊れます。


製材桟積み自然乾燥

乾燥材制作

⾃然乾燥させた後、さらに約1週間乾燥機を使用して木材の含⽔率を10%以下に。ねじれたり曲がったりした⾓材を更に製材して、真っすぐの⾓材に製材し直します。
そして⾃然環境にならしてから家づくりに使⽤されます。


特許取得の乾燥機


乾燥器内部


乾燥された木材、樹脂が周囲に吹き出ています

プレカット

設計が完了すると、基礎⼯事と並⾏して⼯場での制作も始まります。
プレカットができるようにオペレーターが加⼯の指⽰をコンピューターに⼊⼒し、機械のライン上で加⼯されていきます。
それを⼈間の⽬と⼿で検査し、⼿を加えて塗装をして仕上げます。
基礎⼯事が終わって段階で、⼤⼯が家を実際に建てていきます。


木材表面の修正


人の手と目で確認


ロボットアームで木材の移動


モルダーデ4面加工


プレカット材

剛床⼯法

床⾯は1階・2階の共⼤引や桁を500mm以内に取り付け、床材を重ねて留めていきます。
そうすることで⽔平⾯の剛性が⼀般的な在来⼯法に⽐べて3.7倍になります。
かつて、地震で壊れなかった家は⽔平⽅向の耐久⼒の⼤きな家だったという事実があります。
垂直⾯の剛性はもちろん⼤事ですが、個々に配置された耐⼒壁を⼀体化するようにつなげる役⽬は、⽔平⾯の剛性のためにも必要なのです。


1回剛床大引取付完了


2回剛床、床下

軸組みパネル⼯法

柱間にパネルをはめ込んでいくことで、独⽴した柱が⼤きな壁として⼀体化されます。
そして縦横につなぎ合わせることで個々の壁から箱型に形成され、巨⼤なマッチ箱が建たっているようになります。
こうなると左右上下からの⼒に対して、相当な強さを持った建物になります。
中越地震・中越沖地震では、震度6強ではビクともしなかったほどの実績を持ちます。
もし本当に⼤きな地震で被害が出たとしても、再⽣可能な範囲で留まることができるのです。


壁パネルに断熱材を吹き付ける。隙間が無く断熱性能が向上し、長期に安定する。


建て方最中、柱間にパネルを取り付ける。耐震性能が向上するので繰り返し起こる地震にも耐えられる。

感動の家造りのための取り組み

⼤感動!伐採体験ツアー

夢ハウスでは春と秋の年2回、お客様を⾃社の⼭林にバスでお連れし、樹齢100年〜200年の⽴ち⽊の伐採シーンを⾒てもらうイベントを開催しています。
めったに⾒ることができない大木なので、⾒る価値が⾼いのではないでしょうか。
私は、⼦供のころに⽗の⼿伝いで⽴ち⽊の切り倒そしを経験しましたが、木がゆっくりと倒れていく時間と⾳の迫⼒は凄いです。


伐採中


伐採完了


年輪から樹齢の確認


感動の一時

夢⼭荘

夢⼭荘は、⼭林の管理⼩屋として建てられました。
伐採体験ツアーのときは、夢ハウスの皆さんが⼿作りで作ってくれた昼⾷をここで⾷べることができます。
冬は雪が多いので宿泊は難しいですが、夏なら可能ですのでぜひ参加してみてくださいね。


雄大な景色

薪ストーブ


夢ハウスでは、⾃社オリジナルの薪ストーブを開発し制作・販売しています。
燃焼効率が良く煙がキレイで、灰の溜まり⽅がとても少ないもの。
お湯を沸かして加湿したり、暖炉で沸かしたお湯と給湯機を組み合わせて床暖房に使える機種もございます。
薪は廃材を利⽤した「ブリケット」と⾔う再⽣薪を⽤意しています。